Zaikology News ~在庫と社会問題の接点を明らかにするメディア

228億点。1年間に世界中で廃棄される衣料品の数です。これは小売業の宿命的な課題である在庫問題が原因。余ると分かっていながら大量の余剰在庫を抱えざるを得ないのです。フルカイテン株式会社が運営するザイコロジー・ニュースは、在庫ビジネスに役立つ情報を発信し、問題提起をしていきます。

コロナ危機で脚光…触らなくても生地の特徴が分かるプラットフォーム始動

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で人の往来が制限される中、生地(織物)を実際に触ってみないと分からない生地の特徴がウェブ上で分かるサービスを、生地産地とアパレル…

南充浩note コロナ危機で注目のバッタ屋はアパレルの“救世主”ではない

Zaikology News的な視点として、新型コロナウィルスの感染拡大によって今回発令された非常事態宣言は非常に大きな事件だといえる。本稿では、アパレル業界と、バッタ屋と呼…

Zaikology Newsの歩き方(目次です)

皆さん、ザイコロジー・ニュースへようこそ。当メデイアでは、在庫ビジネスの宿命的な課題である「在庫問題」に光を当て、流通業に役立つ情報を発信していきます。 コンテ…

年間228億点…廃棄される衣服を減らす「スマセル」から学ぶこと

228億点。途方もない数字だが、世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指す。中には一度も着られずに捨てられる衣服もあり、日本国内ではおよそ半分が消費者の手に届かない…

繊維ニュースに本サイト編集長のインタビュー記事が掲載

アパレルから生地、紡績まで繊維業界全体をカバーする老舗専門紙、繊維ニュース(発行:株式会社ダイセン)に、Zaikology News立ち上げの記事が掲載されました。普通は小さな…

需要予測×AIで死屍累々…なぜアパレルの予測は当たらないのか

トレンドや天候に需要が左右されやすいアパレル業界において、売れ残らず欠品も起きないように在庫を持つことは長年の夢だ。この積年の夢を叶えるため、各社ともシーズンご…